学校長 あいさつ

中野区立第五中学校長 増田 稔 
26年度、新体制でスタートいたしました。
よろしくお願いいたします。

2014年4月
 
 4月1日付で、橋爪 敦校長の後任として本校へ着任しました、増田 稔と申します。
 江戸川区立瑞江第三中学校より転任して参りました。どうぞよろしくお願いいたします。現在は区外に住んでいますが、幼少期を中野区で過ごしておりましたので、ふるさとに戻ってきたようでとてもなつかしい思いでいっぱいです。愛着のある土地に着任できたことを、大変光栄に思っております。今年度本校は、校長、副校長とも入れ替わりましたが、となりの第七中学校より、ベテランの池田俊一副校長を迎え、また、全教職員、前向きですばらしいスタッフにめぐまれ、学校組織として、とてもよいスタートができたと実感しております。
 今年度は106名の新入生を迎え、全校生徒283名、各学年とも3クラス編成でスタートしました。実は本校に着任する前から、最近の中野五中は大変落ち着いたすばらしい学校であるという評判を聞いていました。しかし実際に本校の生徒の学校生活のようすを目の当たりにして、五中がよい学校というより、”五中の生徒自身一人一人が、教職員とともに、よりよい学校にしようと努力することを伝統にしている学校” なのだ、と実感しました。さらに、保護者のみなさま、本校OB・OGのみなさまをはじめ、多くの地域の方々にあたたかく見守られ、支えられている学校であることを痛感し、とてもやりがいのある学校であると、現在、自分自身を奮起させています。本校の「あたたかい心」「ゆたかな知性」「たくましい身体」という三つの教育目標を、さらに高い次元で実現できるように、日々努力を重ねていくことを、お約束いたします。今後とも中野五中の教育活動への、ご支援、ご協力、よろしくお願い申し上げます。