中野五中 ICT活用実践計画 兼 レポート    戻る
教科名  社会 授業者  渡邉 
学 年 1年 ABC組 実施予定  5月 実施日 5月14日(木)  校時
単 元  地域調査
授業場所 普通教室
使用機材等 ノートPC、プロジェクタ、スクリーン(大型)、実物投影機、
      電子黒板mimio、インターネット
 
●ICT活用で分かりやすい授業を工夫する場面  展開
・総合的な学習の時間と。リンクして、社会科の時間に「地域調査」を実施した。環境学習で「校庭 の自然」の後「地域の自然」を調査するときに、「昔の中野」と「今の中野」の違いを比較した。 「今の中野」は副読本を利用し、中野区のホームページなどを投影して見せた。
・「昔の中野」は、資料が少なかったので、「昭和30年代の中野」という冊子を実物投影機を使い、 スクリーンに拡大して見せた。
・1年生の「地域調査」の単元で、Yahooから地図と写真を投影して比較させた。
 自然が多い地域と都市部との比較とともに、地図で表すとそれがどう表現されるのかという違い を明らかにしていった。

 
●授業で困ったこと
・普通教室に機材を設置するのは面倒である。授業後に次の教室に移動するときなども、休み時間を全部使ってしまい余裕がない
・事前にホームページを検索して準備するのは大変であった。

 
●授業後、ICT活用で効果的だったと思われること。
・写真教材等を拡大して、視覚的に子どもたちに見せることが意味があった。
 具体的に写真などを見せることにより、比較することが容易にできた。


 
●授業後、生徒の感想