中野五中 ICT活用実践計画 兼 レポート  戻る
教科名  理 科 授業者  渡辺 
学 年 1年ABC組 実施予定  5月 実施日 5月13日( ) 校時
単 元 植物の生活と種類 (花と実)(種子と胞子)
授業場所 理科室
使用機材等 ノートPC、プロジェクタ、スクリーン(大型)
      ソフトウエア(            )
●ICT活用で分かりやすい授業を工夫する場面<まとめ>
・テレビの画面で見る葉裏も大型スクリーンで見る方が、印象深く、学習内容がより定着する。
・いろいろな花の子房と胚珠の形やつくりの違いがよくわかった。
 
●授業で困ったこと
・プロジェクターやスクリーンは理科室に置いてあるが、DVDプレヤーに比べるとパソコンの立ち上げには少し時間がかかる。 

 
●授業後、ICT活用で効果的だったと思われること。
・教科書や資料集の写真や絵で見るよりもDVDで実際の映像を見る方がとてもよくわかる。 
 
●授業後、生徒の感想
・リンゴ、ミカン、イチゴ、ブドウなどの子房が実になる変化がさまざまでよくわかった。
・ミツバチ不足で農家の人が人工授粉している様子も分かってよかった。