中野五中 ICT活用実践計画 兼 レポート    戻る
教科名  技術科 授業者  井口 
学 年 年ABC組 実施予定6〜7月 実施日 6〜7月 4時間
単 元  Bエネルギー変換 手回し発電機付きラジオの製作
授業場所 技術科室
使用機材等 実物投影機、プロジェクタ、大型スクリーン 
●ICT活用で分かりやすい授業を工夫する場面  
 手回し発電機付きラジオの製作では、抵抗、トランジスタなど小さな電子部品を取り付けるが、部品の見分け方、取り付け方が難しく、組み立て実習で間違えやすい。
 そこで、小さな電子部品を大型スクリーンに拡大して投影し、ラジオの組み立て実習で生徒がわかりやすく間違いなく組み立てできるようにした。


 
 
●授業で困ったこと  特になし 
●授業後、ICT活用で効果的だったと思われること。
 実物投影機、プロジェクタ、大型スクリーンの使用で、部品の区別、、取り付け場所の間違いを減らせることができた。





 
 
●授業後、生徒の感想