中野五中 ICT活用実践計画 兼 レポート    戻る
教科名  技術科 授業者 井口 
学 年 1年ABC組 実施予定6月    実施日 6月
単 元  A材料加工、設計、構造をじょうぶにする工夫 
授業場所 技術科室
使用機材等 ノートPC、プロジェクタ、スクリーン(大型)、インターネット
●ICT活用で分かりやすい授業を工夫する場面  導入
三角型がじょうぶな構造であることをインターネットの画像や解説を見ながら考える
・使用したホームページ
・50年前に完成した東京タワー(333m)のじょうぶな構造の秘密→三角型の組み合わせ
・建設中の東京スカイツリー(634m)のじょうぶな構造の秘密→三角型の組み合わせ
・Wikipediaにて「トラス橋」の構造 → やはり三角型の組み合わせ
・校舎の耐震補強工事の例 →  やはり三角型の組み合わせ

●授業で困ったこと
 技術科室に大型スクリーン、プロジェクタをセットしたので、必要なときにノートPCを持参すれば、すぐに授業で使えるようになった。問題点は、窓に暗幕がなく、スクリーンが見にくいこと。
●授業後、ICT活用で効果的だったと思われること。
 最新技術で建設されている東京スカイツリー(610m)も50年前に建設された東京タワー(333m)と同じ三角型の組み合わせであることがインターネットの動画を見ながら、生徒にも印象的だった。 橋や本校の耐震補強工事もなど身近なところに三角型のじょうぶな構造が多く利用されていることが分かりやすかった。

<授業後の無記名生徒アンケート>
問い:インターネットの写真や動画を見て、三角型がじょうぶな構造で、建築物に多く利用されていることがわかりましたか?
回答:@よくわかった56人(64%)、Aだいたいわかった31人(36%)Bわからない0人
●授業後、生徒の感想
・構造をじょうぶにするときに建築物に多くの三角型がつかわれているので驚いた。
・最初は三角型が強くないと思っていたけど、インターネットを見ていて強いんだとわかった。 
・東京スカイツリーは、長細い筒みたいなものだと思ったけど、三角型がいっぱいあることに驚いた。